剣道

自分にあったものを選ぶ

剣道

日本全国各地に剣道家が大勢います。剣道家と言っても年齢を問わず一番若い年代だと幼稚園生、一番の上の年代では70~80代の高齢者がいます。また、高齢者でも現役で稽古を積んでいるという人も大勢います。剣道は心身ともに鍛える事が出来るということで、稽古に通わせているという親もいます。そのため、幼稚園生または保育園の頃から剣道を習っているという人もいるのです。剣道は怪我をしないようにするために防具を付けます。防具には面と籠手と胴だけでなく垂れもあります。防具は男性向けと女性向けではなく、普通サイズというものがあります。普通サイズは身長170~175センチの成人男性を基準にしてつくられたもので、女性が付けてみると大きさが合わないということもあります。体格にあう防具を付けるには防具の選びかたを事前に覚えておく必要があります。

自分の体格にあった防具を選ぶ方法は覚えておいたほうが良いもので、女性の防具選びにはとても役立つことです。普通サイズの防具は上記にもあるように、身長170~175センチの男性を基準にして作られたものです。そのため男性が着用しても特に問題はないということがありますが、女性の場合だと防具が大きくて竹刀が振りづらい、両腕の内側が胴に当たって痛みがあるという問題が出てきます。竹刀が振りづらい、両腕に痛みがあると技を磨くことに専念できなくなってしまいます。防具を購入する際に試着をした際に胴が大きいように感じた場合、自分の胴回りにあうように調整してもらうと良いでしょう。胴回りは調節できるようになっているので、簡単に自分にあった胴を付ける事ができます。胴だけでなく、面も自分にあったものを選ぶことが重要です。面は相手から一本を取るために視界が良好であるのが好ましいです。面を試着した際に物見が良い物を選ぶと良いでしょう。しかし、注目する点は視界の良さだけではありません。面の左右についてる面布団の長さにも注目する必要があります。面布団の長さがあると竹刀が振りづらくなってしまいます。面布団も長さを調節できるようになっているので、自分にあった剣道の防具を手に入れることが出来ます。